Top > 健康 > 自分に合ったヨーグルトをベースに

自分に合ったヨーグルトをベースに

私は産まれながらの頑固な便秘症です。

小学生の頃には既に便秘でした。

コーラックのような便秘薬を常用していた時期もありますが、便秘薬を使った次の日の朝はお腹に異様な激痛が走るし、不自然な排便だとずっと感じていました。

それに、妊娠中には便秘薬を使えないのでとても困りましたし、産後更に便秘が酷くなり、1週間排便が無いのも普通になってきていました。

1週間溜め込んだ便を出そうと思うと大変で、長時間トイレの中で格闘しなければいけません。

そうなると赤ちゃんだった娘が、1人残された居間で大泣きし始めるし、「これは何とかしないとな」と思うようになりました。

そこで色々な情報を集めて便秘対策に取り組みました。

ヨーグルトを毎朝食べるようにしました。

お店に行くと、たくさんのヨーグルトが売り出されています。

その中から自分に合ったヨーグルトを見付けてそれを朝ご飯の時に食べるようにすると、朝食後数時間したらお腹が動き始めるのを感じます。

自分に合ったヨーグルトを食べる前はお腹が動き始めるという感覚を感じた事がありませんでした。

ヨーグルトは自分に合ったヨーグルトを見つけるのがポイントだと思います。

その他にも、はと麦茶、オリゴ糖、オリーブオイルなど試しました。

でも効果を感じる時と感じない時があります。

ワカメはとても効果があるように感じますが、一度に大量のワカメを食べないと効果は感じられません。

でも、最近国産ワカメが高いように思うので、ヨーグルトで効果が感じられない時に食べるようにしています。

食物繊維はもともと大好きなので敢えて便秘対策の為に食物繊維を多く取り始めたという事はありません。

もともと食物繊維はたくさん食べる食生活なのに頑固な便秘症という事は産まれ付きの便秘症という事なのでしょうから、常に排便の事を気に掛けておかないといけないと思っています。

ヨーグルトは毎日食べるようにしていて、他のはと麦茶、オリゴ糖、オリーブオイル、ワカメは入れ替わりで取り入れるようにしています。

痔の原因とは

健康

関連エントリー
自分に合ったヨーグルトをベースにピーリングってしたことありますかテスト